Search

pixel2013 / Pixabay

たんぱく変性

たんぱく変性。

髪の毛は主にケラチンというタンパク質でできています。 

そのタンパク質で

主な食物と、言えば、

卵。

 

 

卵を茹でると、

ゆで卵になりますよね。

 

そして茹でてしまったら

もう、戻りませんっっ!

 

それが、たんぱく変性と言うんです。

 

 

「変性」

 

 

性質が変わってしまうこと。

特に異常に変わってしまうことを、

言うらしいです。(wikiで調べました!)

 

 

ちなみに、たんぱく変性が起こる理由は!

 

 

●熱によるもの。

   卵でゆうと、ゆで卵、目玉焼きなど。

 

●アルカリによるもの。

   卵でいうとピータン!

 

 

 

確かに生卵から

異常に変化していますね。

 

それが、たんぱく質が主成分である、

髪にももちろん、有り得ます。

 

●熱によるもの。

  ヘアアイロンやコテでの傷み。

 

●アルカリによるもの。

  カラーやパーマのアルカリ剤の残留。

 

カラーの色持ちが悪い、入りにくい、

パーマが当たらない、すぐ取れる。など。。

そんな悩みは誰もが感じたのではないでしょうか・・・・

 

そして、

界面活性剤によっても、

たんぱく変性を起こしてしまいます。

 

いつも使っているシャンプーが

もしかしたら、パーマやカラーに

影響しているのかも。

 

 

ちなみに、髪の毛のケラチンのタンパク質は

食べ物で摂取するのは難しいのです。

ゆで卵は元に戻らない、、、

たんぱく変性を修復することは

不可能なのです、、、(´Д`)

 

たんぱく変性を起こしにくい髪にするには、

やはりおうちでのヘアケアが大切なんですね。

 

 

 

 

ん~!

なるほど!と思ってもらえたら嬉しいです(^^)

伊藤